Google+ Followers

2015年2月10日火曜日

府中リノベオープンハウス

2月7日8日 府中リノベオープンハウス

  府中の空き家で何が出来る?



中庭を囲む4棟の空き家を自由に見学するオープンハウスが開催されました。







 空き家を所有されている方、府中への移住希望者の方の相談窓口を設置。


出張カフェや、大学生の方々と、リョービさんのご協力のもとに行われたD.I.Y、ミニコンサート、ミニフォーラム、骨董市、空き家活用の提案パネル展示といった様々な催しがありました。

















市の職員の方や、地域の方、大学生が、空き家について考える場


移住希望の方と、アルバトロスのメンバーで締めくくり、お試し暮らし物件に泊まって頂きました。

              

                             

                             
                             

                             

2015年1月22日木曜日

1月18日に開催された JOIN移住・交流&地域おこしフェアに参加しました。

1月18日に開催された 

「JOIN移住・交流&地域おこしフェア」に府中市参加しました。


人生観を変えるのに最も手っ取り早い3つの方法

と言われていること知っていますか?

大前研一さんという経営コンサルタントの方がおっしゃってるその通りだなと思う言葉があります。

・時間配分を変える
・住む場所を変える
・付き合う人を変える

だそうです。考えてみてください。
これって移住で全て叶うと思いませんか?

実際に僕も移住して人生観は変わりました。

ただ、変わるといっても、良い変化も悪い変化もあるということがだんだん分かってきました。

そこで、私たち協力隊や、今後立ち上がる移住と空き家を考えるNPOアルバトロスは移住後に良い変化に変わるようお手伝いをします。

とざっくりとした所から、

移住で、今の環境や、暮らしをもっと良い方へ変えたい方がいれば相談へ来てくださいという発表をさせて頂きました。
(具体的には、○○な活動をしていますという話もしました)


全国の中で府中市に興味を持っていただくためには、地域の人をご紹介することが出来たり、起業をこんな場所で受け入れます、といった事が重要だと思います。

全て、移住希望者の方が、移住前と後の移住によって良い人生観の変化をしたいという思いに、足を引っ張る不安たちを取り払おうということだと思います。

一つ一つ相談を受けながら、長い時間がかかっても取り払っていく協力をします!と。

実際に、当日の相談者全ての方が、今よりも良い変化を求めてらっしゃいました。

引き続き、連絡を取り合いながら、不安を一つ一つ取り払うお手伝いと、また、ご意見を頂きながら、私たち受け入れ側も成長できればと思いました。




府中市の職員の方と協力隊の2人で府中市のブースで、相談受付を行いました。



上下商店街の企業家募集のご紹介!!

 







全国から200以上の自治体の移住相談窓口が、東京ビックサイトに集結。
日本最大級の地域おこし協力隊の求人情報ブースも集結。
オープニングイベントに衆議院議員小泉進次郎さんや、インパルスさんなど有名人の登場もありました。

移住交流ブース、移住交流のセミナーブース、地域PRエリアなど盛りだくさんのイベントでした!

 








2014年12月15日月曜日

人の数が倍なら、できることは何倍に??

鵜飼町223で古民家改修を行いました!
1日目は、「床張り」
メンバーは、古民家の改修に興味のある方、移住者受け入れの取り組みに興味のある方等 10名程。

地域おこし協力隊事務所&お試し暮らし施設「ぼれぇで府中」

地域おこし協力隊の事務所併設の古民家を、地域の方に交流の場てして使って頂きたいと思っています。

「良くコミュニティスペースとか聞くけどなんなの?」
と思われるかもしれません…
「地域にそれらしき建物が完成したみたいだけれど、何をやってるのか分かりません。」なんて事もありませんか?

そこで、企画や、改修、整備段階から参加者を募り、参加者と一緒につくる「交流の場所」それが、「ぼれぇで府中」になればいいなと計画しています。

そして、移住希望者が、「府中市ってどんな人がいるの?」って時に「お試し暮らし」という、府中市体験に来て、地域の人と交流し、府中市の生活環境を実際に見にくる施設としても、ご利用頂けます。

来られた際に、自然に、交流が生まれる夢を描いて、さあ改修開始!
    根太にコンパネを張っていきます。


    コンパネに墨をうっていきます。
    床材の張る位置を決めます。
    
    床材を半分張れました!

1日目を終え、本当に人の数って凄いなと。作業効率何倍なんだろう。
皆さん本当に本当にありがとうございました!そして、お疲れ様でした!


次回は2月に、「壁塗り」を予定してます。チラシ、Facebookにてご案内します。次回もよろしくお願いします。

2014年11月10日月曜日

移住は人生に変化を求めているのかもしれません。

中国四国もう一つのふるさと探しフェアin大阪2014

に府中市として参加してきました。

関西圏の人たちに中四国の暮らしや魅力を紹介し、都市から農村への移住・交流促進を図るイベントです。


神楽の衣装の方も





















僕の机 お話を聞いてくれた方に木ネジをプレゼント





















5時間に5人の方とお話をさせて頂きました。
来場者の方々の希望や夢は様々。
新規就農、地方での一軒や暮らし、都会での生活から抜け出したいと思っているなどなど。

このフェアに望むにあたり、府中市の概要的な説明はもちろんですが、今までの移住希望者のかたがたとの経験で考えたことを実践する場にしようと思いました。

炎上覚悟!(府中市に迷惑のかからないように。)

移住を考えている方々、こういったフェアに来場されている方々に共通する事。

それは、「人生に変化を求めている」


ということ。

ただ、「環境が変われば、生活が良くなる」が必ずしもイコールではないと潜在的に誰しもが思っていることですが、現在は地方への移住ブーム。「サービス依存症には島暮らし」とチラシを作成している自治体もありましたが、結局は、自分次第で移住の良し悪しも変わってくる。移住支援はあくまで支援、全て満足な状態で来てくださいとはいかないんです。

移住希望者の方にとっては、イラッとしてしまう、

「なんで移住したいんですか?」

という質問を偉そうに質問させて頂きました。

突っ込んだ質問で、最初は、「う~ん」という反応、次第に、自分で「自分の目的がこれなんだ!」とお話をして下さるようになりました。
移住希望者さん達の本当の望みや夢、現在の状況を教えて頂き、人間関係が深まりました。それをふまえて、府中市と今後設立されるNPOアルバトロスはそんなあなたを全力で支援しますと伝えました。
どんな取り組みをしているか、市の支援はあるのか、とは一言も言われませんでした。

結果は、府中市に興味のなかった5人の内、4人が府中市のお試し暮らしに行ってみようと思うとおっしゃって下さいました。本当にありがとうございます。

府中市の地域のとっても、「良かった」と思える移住を実現できるように、移住希望者の方や、空き家のオーナーさんのご希望、地域の希望などなどを聞き出すことが本当に大切な仕事になるとおもいました。

必要な事ですが、自分一人ではできないことです。今後とも皆さんのお力をお借りして活動させて下さい。よろしくお願いします!!




2014年10月22日水曜日


10月21日 ラーニングカフェにてビジネスモデルYOUのワークをやらせて頂きました。パーソナルキャンバスというシートに自分事を書き込んでいく作業をお隣さんと対話をしながら進めていきました。

ワークの目的は自分の現状を知ること気づくことまで。
その先は、修正したり、行動に挑戦してみたりあるのですが、何回も何回も書いてみる必要があるそうです。

僕自身勉強不足な部分がありますが、良い経験をさせて頂きました。

参加者から
①普段の生活で、自分に焦点をあてる時間が今あまりなかったので、自分について考える時間自体が良かった。

②色々な活動をしていることが、整理することが出来た。

③自分以外の人に、自分では気づかなかった気づきを貰えた。
他者からの意見を貰える対話の時間が良かった。

など感想をいただけました。
キャンバスの素晴らしいところは、お金以外のソフトな報酬と支出があるよねと気づかせてくれるところです。
例えば、家族の笑顔が報酬、友達の時間を使っているから支出など。

シートを完成される事が目的ではなく、書いたシートからどんな自分がなりたい自分に近づけていく方法があるかを知ることが大事なんだなと、改めて思いました。

僕も次にワークをする際の、こんなことを組み合わせたらいいんじゃないかと気づきを頂きました。ありがとうございました!

2014年10月19日日曜日

上下町でファッションショー!?




その答えは、本日の 第21回上下白壁まつり に!

お天気にも恵まれ、大盛況~


いつものお店に加え、一日限定のお店や、子供たちの絵や俳句、ライブなど

おまつりを 更に盛り上げています。




そして、本日の目玉

『着物リメイク服コンテスト 上下ランウェイ』


着物をリメイクした服のコンテストを、ファッションショー形式で行う企画です。

上下町の皆さんが中心になって準備を進め、広島各地からも協力者が集まっていました。

上下商店街にある 元酒蔵の重森本店をお借りしての開催です。





広い倉庫が、ファッションショー会場に大変身しました。

前日はウォーキング&笑顔 レッスンも受け、モデルさんも準備万端!


そしてなんと、230用意していた客席は開始前ですでに満席。

立ち見の方もいるほど!!




リメイク服の作り手、出演のモデルさん、写真を撮る方、見に来られたお客様、スタッフ…

本当にたくさんの人が関わり、キラキラしているとっても素敵な企画でした。

ここまで大変だったと思います。皆さまお疲れ様でした!!

私はお手伝いという名の下 特等席で見せて頂いた感じですが、すごくパワー頂きました。



そして、この企画はまだ終わりません↓




以前もブログでご紹介させて頂いた、『古きよき時代展』

展示品も増え、見どころたっぷりです。

こちらは10月末までの開催です。(土日は、中に入って展示が見られます)


さらに、「こんな素敵な場所を作ったのだから」ということで

そのまま11/1 (土)、2 (日)もこちらでイベントが催されることになったそうです。

上下町の女性パワー、止まりません!!



 『アンティーク着物展示会 時代屋の女房たち』

 日時 11/1(土)、2(日)

 場所 元瀬川百貨店(上下商店街)

 着物リメイク服  ワンコインリンパマッサージ

 和雑貨・和アクセサリーの  アンティーク着物のレンタル着付 など